くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

日々の暮らし

日々のたわいのない話題あれこれを気ままに書いています。

amazonのブラックフライデーで電気圧力鍋を買いました

11月にあったAmazonのブラックフライデーのセールで、かねてから欲しかった電気圧力鍋を購入しました。 ちなみに、ブラックフライデー(Black Friday)とは、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日のことで、アメリカでは感謝祭のプレゼントの売れ残りをセールする日…

リサイクルショップと妹とのランチ・チーズインハンバーグ

11月28日に、久しぶりに妹とランチにでかけました。前回が6月だったので、5ヶ月ぶりか。 私は今、車の運転ができないので、自由にうごけなくて、少々ストレスをためていることもあるので、こうして外に連れ出してもらえるのは、とても助かります。 今回は…

草が枯れてきたので庭の草抜きに着手:庭の断捨離

暑い暑いと言っていた夏が過ぎて、秋は台風に翻弄されていつの間にか過ぎてしまったようです。気がつけば11月、寒くなって来ました。 庭仕事には良い気候になり、伸び放題に伸びていた庭の雑草も枯れて来たので、少しずつ庭の草抜きをはじめました。

キンモクセイの香りと残った柿の実

2度の大きな台風と大雨で、我が家の庭もかなり荒れています。サルスベリの木が倒れ、梨の木が折れて、草がなぎ倒され、大量の落ち葉が水溜まりに沈んでいて。 それでも、被害に遭われている方々に比べれば、小さなことですけれど、なんとなく気鬱な感じで庭…

松葉ぼたんのカオス

玄関横の花壇スペースの現状。 後から植えた松葉ぼたんがはびこって、気がつけばカオス状態になっていました。 他の苗が次々に枯れていく中で、環境が合っていたのでしょう。砂地で水はけがよすぎて乾燥気味、土の栄養もあまりないという過酷な環境で、生き…

幼なじみの死

幼なじみで同級生のショーちゃんが亡くなりました。突然の知らせに、ショックで、しばらく茫然としてしまいました。 60歳ともなると、同級生の訃報がちらほら届くようになって、寂しくなります。

野分の後と浅茅生の庭と・台風15号の爪痕

先日の台風15号は日本に上陸して、関東にも激しい風雨をもたらしました。 大きな被害に遭われた方には、とても及ばないほどの被害ですが、我が家の庭が、ひどい有様になっていました。 これまでの台風で庭の木が折れるなんて経験はなかったので、いかに激し…

イチジクとブドウと物売りの記憶

夫の実家から野菜など色々いただきました。そのなかに入っていたのが、イチジク。 栽培農家さんのものなので、実が大きくて甘味も強かったです。 直 今は、糖質制限をしなくてはならないので、積極的に食べることはありませんが、今回はせっかくいただいたの…

恐怖の花火大会

8月24日は地元の花火大会でした。もう30年以上続いている毎年のイベントです。 でも、ここ3年ほど、我が家では早めに雨戸を閉めて、花火を見ないことにしています。 特に強い理由はないのですが、なんとなく「飽きてしまった」というか、周辺の大騒ぎにつ…

貧相なグラジオラスと病気のプチトマトと花の終わった紫陽花

春に植えた球根セットのうち、グラジオラスの花が咲きました。 先日吹き荒れた強風のせいで、見た目がひどいことになっていますが、花が咲いてくれたので良かった、良かった。 植えてから、この場所の土が砂地で、あまり栄養がないことがわかったため、球根…

3年ぶりのお墓参り・いつかは一人でお参りするようになることに気づいてしまいました

お盆に、久しぶりにお墓参りに行って来ました。病気になってからずっと行けなかったもので、3年ぶりになります。 我が家のお墓は丘の上にあるので、坂道を上がっていかなくてはなりません。

夕方の打ち水と雑草天国の庭と

梅雨が明けて本格な暑さが到来。 あまりに暑すぎるので、午前中にしていた庭歩きは控えるようになりました。 その代わり、夕方になって日が陰ってきてから、庭にホースで水まきをしています。 いわゆる「打ち水」ですが、表面的に水をまいただけでは、涼しく…

伯母が亡くなって、納骨式に参加しました

伯母、 (母の実姉)が亡くなって、四九日が近づいた7月27日に、納骨式に参列してきました。 子供の頃から実の母親のように可愛がってもらっていたので、亡くなってしまったのがいまでも信じられません。 伯母の長男は、遠くで仕事をしているため、長く老夫婦…

買い物難民・運転ができないとどこへも行けない田舎暮らし

田舎暮らしでは、車が無いと生活ができません。 地域のコミュニティバスはあるのですが、来るのは1~2時間に1本くらい。停留所でのんびり待っている乗客はほとんどありません。 一番近くのスーパーへ行くのは、車で7~8分。たった10分足らずでも、徒歩…

道の駅「発酵の里」でランチとお買い物

7月16日妹と千葉県香取郡の「発酵の里」まで足を伸ばしてお昼ご飯を食べてきました。 発酵食品をテーマにした道の駅で、世界の発酵食品や、地元の野菜などが売られています。 今回は連休明けということと、雨が降っていたこともあって、お客様はまばらでし…

タチアオイ?と、春に植えた球根とミニトマトその後

現在庭に咲いている花。名前がわからないのですが、タチアオイ、かな? (追記:コメントで教えていただいたところによると、ムクゲの花のようです。教えてくださってありがとうございました) 白い花と薄桃色の花2株並んで、私の背丈よりはるかに伸びて、高…

新陳代謝のない女子会

6月23日、地域の主婦たちの食事会に参加してきました。 「向こう三軒両隣」ではありませんが、私の住んでいる地域では、「坪」という家どうしのお付き合いがあります。 私のところは、12軒。冠婚葬祭の協力や、地域の清掃作業などを共同で行います。 さらに…

もんじ焼き・約50年前の駄菓子屋の味を再現してみました

もんじ焼き。「もんじゃ焼き」ではありません、「もんじ焼き」です。 薄力粉が少しだけ残ったので、子供の頃食べた味を再現してみました。 私が子供の頃は、もう50年、半世紀も前のこと。先の東京オリンピックは幼稚園の時で、当時、母からもらうお小遣いは…

今年の紫陽花もやっぱり白っぽい

紫陽花の咲く季節になりました。花の中では、紫陽花が一番好きです。 数えてみたら、我が家の庭には7株の紫陽花がありました。 以前は、この季節になると、鉢花を売りに来る農家のおばあさんがいて、母が毎年買っていました。

妹とランチしてきました・オムライスとシーザサラダ

昨日、6月18日、妹とランチを食べてきました。 以前は月に1度出かけていたのですが、ここのところは予定が合わず、約8ヶ月ぶりになりました。 妹とは10歳年が離れているので、若い頃は私が世話をする立場だったのですが、最近では、すっかり逆転して、 私…

自家製柿の葉茶を作ってみました

庭の柿の葉っぱを摘んで柿の葉茶を作ってみました、 いつだったか、テレビ番組で、桑の葉は血糖値を上げにくくし、柿の葉茶は血管を強くする効果があるというようなことを聞きました。 桑の葉はないけれど、柿の葉なら庭にたくさんあるなぁと言うことで、お…

せんだんの木と名前の知らない花2種

裏庭にある木、これ「せんだんの木」ではないかと思うのですが。 毎日庭を歩いていても、木の名前も、花の名前も知らないものばかりで、ちょっともどかしいです。 私が子供の頃からあったのと同じ木なら、以前は別の場所にあって、家を建て替えたりした時に…

サクランボと蜜柑と柿の花

確か、5月はじめ頃だったと思いますが、花が咲いた後に、葉が出て、サクランボの実がなりました。 これまで一度もなっているのを見たことがなかったのですが、気がつかなかっただけで、ちゃんと実がなっていたようです。

今web小説が面白い・水戸黄門の印籠的な安心感のあるエンタメ

最近、小説投稿サイトでweb小説を読むのにハマっています。 目の状態が回復してきてから、パソコンの前で作業する時間は徐々に増えて、今は一日に2時間ほどになりました。 そのほとんどは、ブログ記事を書くのに費やされているのですが、ここのところ、web…

花壇に球根を植えました・育てるってワクワクする

毎日庭を歩いて植木を観察するようになってから、自分でも何か育ててみたくなりました。 私には「緑の指」がなくて、サボテンでさえも枯らしてしまうという 人なのですが、果たしてどうなりますか。 とりあえず、うまく育たなくても被害の少ない場所で、とい…

梨の花とライラック?と私の余生

4月上旬頃に庭に咲いていた梨の花です。庭を歩いていたら、青空に映えてきれいだったので、つい、スマホのシャッターを押しました。 今は亡き祖父が、実の成る木が好きだったので、柿、蜜柑、柚子、桜桃、梨など1本ずつ庭の隅あちこちに植えてあります。

夫が早期リタイアして4年目の春

夫が突然、「今月で会社を辞める」と宣言したのは、2015年2月のことでした。あれから4年。本来であれば今年が定年退職となるはずでした。 退職した当時は、再就職先を模索しつつも、なかなか決まらず、そのうちにあきらめて、早期リタイアを決め込んでしま…

つげブラシを買いました・木の感触がやさしい

白髪染めをやめて、現在グレイヘアにしていますが、髪が乾燥してパサつくので、ヘアオイルとして椿油を使っています。 これがなかなか良い感じで、パサつきがなくなり、滑らかになってきました。 特に、シャンプーの後につけておくと、翌朝、しっとりして気…

椿と雪柳と・見ていたはずなのに見えていなかった庭

春うらら。晴れて気持ちの良い日には、庭をひとまわりして花や木を眺めるのが習慣になりました。 病気をする以前の自分からしたら、庭を眺めてのんびり和んでいるなんて考えられません。 これまでは、庭にどんな草木が生えているのかなんてまったく気になり…

平成から令和へ、新元号について感じたこと

平成(へいせい)から令和(れいわ)へ。2019年4月1日に、次代の年号が発表されました。 明治以降は一世一元、天皇の在位ごとに新しくなるので、今上陛下の譲位に伴って、皇太子殿下が即位される5月1日から、新しい元号がはじまります。