くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

よもぎパン・発酵時のラップの貼り方

乾燥よもぎが手に入ったので、よもぎパンを焼きました。見た目はあんパンのようなのですが、あんは入っていません。 実は、焼きながら、ものすごくあんパンが食べたくなったのですけれど、お砂糖がたくさん入っているのでガマン、ガマンです。

手術後3年目のサイクルスタート婦人科外来:病気の話57

6月14日に、産婦人科外来を受診してきました。3ヶ月ぶりです。 前回、卵巣癌の手術後2年目のCT検査をして、結果異常なしのお墨付きをいたただいて、3年目のサイクルがスタートしました。 手術後5年間は経過観察かが続くので、ようやく半分と言ったところ…

妹とランチしてきました・オムライスとシーザサラダ

昨日、6月18日、妹とランチを食べてきました。 以前は月に1度出かけていたのですが、ここのところは予定が合わず、約8ヶ月ぶりになりました。 妹とは10歳年が離れているので、若い頃は私が世話をする立場だったのですが、最近では、すっかり逆転して、 私…

くるみ入りライ麦パン・ライ麦パンとオオカミ男との関係?

くるみ入りのライ麦パン。ライ麦10%いりのソフトライブレッドです。 最近、自家製天然酵母でばかり焼いていましたが、今回は久しぶりに、インスタント・ドライイースト「サフ・赤ラベル」です。 ところで、ライ麦パンは、オオカミ男と関係があるって知って…

視力が回復してます・眼科病院へ行って来ました:病気の話56

6月11日に眼科病院へ行って来ました。 これまで定期的に通っていた大学病院の眼科は卒業できたのですが、時々自宅近くの開業医にその後の経過を見てもらっています。 特に予約しなくても、都合の良い時に行けば良いので、およそ3ヶ月に1回の予定で、検査を…

自家製柿の葉茶を作ってみました

庭の柿の葉っぱを摘んで柿の葉茶を作ってみました、 いつだったか、テレビ番組で、桑の葉は血糖値を上げにくくし、柿の葉茶は血管を強くする効果があるというようなことを聞きました。 桑の葉はないけれど、柿の葉なら庭にたくさんあるなぁと言うことで、お…

自家製酵母ストレート法で古代パン・パンのはじめて

いつもは、レーズン酵母液から元種を作ってパンを捏ねるのですが、今回は、酵母液を直接入れてこねる、ストレート法で焼いてみました。 名付けて「古代パン」(笑) 古代エジプトで発酵パンが作られた頃には、こんな感じじゃなかったのかな、と、想像を巡らせ…

せんだんの木と名前の知らない花2種

裏庭にある木、これ「せんだんの木」ではないかと思うのですが。 毎日庭を歩いていても、木の名前も、花の名前も知らないものばかりで、ちょっともどかしいです。 私が子供の頃からあったのと同じ木なら、以前は別の場所にあって、家を建て替えたりした時に…

玄関の断捨離1・シューズケース

玄関の断捨離。何年か前に一度断捨離して、私の靴などは大量に捨てたのですが、今回は、下駄箱横のスペースにあるシューズケースの中を見てみました。 かつて我が家が7人家族だった頃は、下駄箱だけでは収まりきれず、シューズケース二もギッチリ靴が押し込…

自家製天然酵母のスコーン

自家製天然酵母で焼いたスコーンです。 ベーキングパウダーのスコーンはたまに焼きますが、参考書にしている 佐原文枝・著『スープ・チーズ・おかずに合う天然酵母の食事パン』(大和書房)に、天然酵母での作り方があったので焼いてみました。 本のレシピでは…

サクランボと蜜柑と柿の花

確か、5月はじめ頃だったと思いますが、花が咲いた後に、葉が出て、サクランボの実がなりました。 これまで一度もなっているのを見たことがなかったのですが、気がつかなかっただけで、ちゃんと実がなっていたようです。

お風呂場壁タイルの黒カビをきれいにしたい:おそうじ篇

気温が上がって、湿気増えてくると気になってくるのが、お風呂場の壁タイルの黒カビ。 普段あまりマジメにお掃除をしていないので、汚れが目立ってきてからまとめてカビ取りをするはめになります。

自家製天然酵母のバタークッペ

自家製天然酵母で焼いたバタークッペ。バターの香りのコッペパンです。 今回は、生地を冷蔵庫に入れて、はじめて低温での長時間発酵を試してみました。

今web小説が面白い・水戸黄門の印籠的な安心感のあるエンタメ

最近、小説投稿サイトでweb小説を読むのにハマっています。 目の状態が回復してきてから、パソコンの前で作業する時間は徐々に増えて、今は一日に2時間ほどになりました。 そのほとんどは、ブログ記事を書くのに費やされているのですが、ここのところ、web…

代謝内科外来とダイエット13か月目:病気の話55

5月16日に代謝内科外来へ行って来ました。 2ヶ月ぶりです。 眼科を卒業して、通院は3ヶ月に1度の婦人科と2ヶ月に一度の代謝内科だけになり楽になりましたが、間が開くとなんとなく億劫な感じがします。 それでも、朝一番に予約していたので、血液検査、…

自家製天然酵母のイギリスパン・大型パンは試行錯誤中

自家製天然酵母で食パンを焼いてみました。 大型のパンを焼くのは初めてなのであまり良い出来ではありませんでした。 これまで長年使っていたインスタントドライイースト・サフとは 発酵の状態がまるで違うので、発酵の見極めができなくて満足にはほど遠いで…

シンク下のプチ断捨離で使っていなかったお鍋を捨てました

シンク下のプチ断捨離。この場所は以前一度断捨離を して、ゴチャゴチャしていたものを色々捨てて整理したはずなのですが、その後、またものが増えていました。 夕ご飯離の用意をしながら、気がついたお鍋などを捨てました。

花壇に球根を植えました・育てるってワクワクする

毎日庭を歩いて植木を観察するようになってから、自分でも何か育ててみたくなりました。 私には「緑の指」がなくて、サボテンでさえも枯らしてしまうという 人なのですが、果たしてどうなりますか。 とりあえず、うまく育たなくても被害の少ない場所で、とい…

レーズンとヨーグルトの自家製天然酵母を使ったバゲット

自家製天然酵母でバゲットを焼きました。 バゲットと言っても油脂をいれた生地なので、正確にはフランスパンとは言えませんけれど、スライスした面に不規則な穴のある焼き上がりで、フランスパンらしくなりました。

いろは歌・ことばを駆使してあそぶ

いろは歌、全部言えますか? おそらく義務教育では習うことがないと思うので知らない人も多いのかもしれません。 私はいつ覚えたのか記憶にないのですが、一応唱えることができます。 文献に残っている限りでは 平安時代頃に作られたのではないかとと言われ…

梨の花とライラック?と私の余生

4月上旬頃に庭に咲いていた梨の花です。庭を歩いていたら、青空に映えてきれいだったので、つい、スマホのシャッターを押しました。 今は亡き祖父が、実の成る木が好きだったので、柿、蜜柑、柚子、桜桃、梨など1本ずつ庭の隅あちこちに植えてあります。

家にものを増やさないために、いただき物はすぐに使う

先日、姪っ子が結婚しました。私は体力の心配があったため欠席してしまったのですが、夫が参加してお祝いをしてきました。 姪っ子は、夫と私の結納の日に生まれました。あの時の赤ちゃんがお嫁に行くようになるなんて、ずいぶん長い年月が経ったのだなと感慨…

自家製天然酵母で焼いた丸パン

先日レーズンで作った自家製天然酵母で丸パンを焼きました。シンプルなお食事用の小型パンです。 参考書は佐原文枝・著『スープ・チーズ・おかずに合う天然酵母の食事パン』(大和書房)です。

令和の由来・梅花の歌三十二首序:万葉集巻第五

令和元年の五月朔日に新天皇即位され元号改むる。時に初夏の瑞月にして、気爽けく風涼し……なんちゃって古文、お粗末さまです。 冗談はともかく、昨日4月30日に天皇陛下が退位され、今日から令和がはじまりました。 令和のはじめの日に、出典となった、万葉…

レーズンで自家製天然酵母を仕込みました

自家製天然酵母でパンを焼こうと思い立ちました。 これまで、ルヴァン、ホシノ天然酵母、とかち野天然酵母など市販の天然酵母は使ったことがありましたが、自分で酵母を育ててパンを焼いたことはありません。 発酵力の高いイーストを使った方が手軽に手早く…

チーズ入りナン

たまにはいつもと違ったパンもいいかということで、チーズ入りのナンを焼きました。 今はカレー屋さんなどでも手軽に食べられるので、お馴染みになりましたね。 ナンはインドやパキスタン、中央アジアなどで食べられているパンで、本来はタンドールという壺…

夫が早期リタイアして4年目の春

夫が突然、「今月で会社を辞める」と宣言したのは、2015年2月のことでした。あれから4年。本来であれば今年が定年退職となるはずでした。 退職した当時は、再就職先を模索しつつも、なかなか決まらず、そのうちにあきらめて、早期リタイアを決め込んでしま…

つげブラシを買いました・木の感触がやさしい

白髪染めをやめて、現在グレイヘアにしていますが、髪が乾燥してパサつくので、ヘアオイルとして椿油を使っています。 これがなかなか良い感じで、パサつきがなくなり、滑らかになってきました。 特に、シャンプーの後につけておくと、翌朝、しっとりして気…

御つぼねはきりつぼなり・桐壺4:源氏物語5

桐壺の4回目。今回はあまたいるお妃さまがたからのイジメの実情です。 帝の覚えめでたく、誰もかも魅了してしまうような光君を見て、我子こそが東宮(皇太子)にふさわしいと信じている弘徽殿の女御は面白いはずはありません。 帝の桐壺の更衣へのご寵愛はい…

クレッセント・パスタ粉入りの生地で焼いたパン

クレッセント・イタリーです。パスタ用の小麦粉を入れて焼いているので、そう名付けられました。 生地にベーコンを練り込んだ三日月型のパンです。 以前パン教室で習ったままだったのですが、レシピを見ても当時のことを良く覚えていなくて、これで良かった…