くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

椿と雪柳と・見ていたはずなのに見えていなかった庭

 春うらら。晴れて気持ちの良い日には、庭をひとまわりして花や木を眺めるのが習慣になりました。

病気をする以前の自分からしたら、庭を眺めてのんびり和んでいるなんて考えられません。

f:id:kukiha-na:20190406222028p:plain

これまでは、庭にどんな草木が生えているのかなんてまったく気になりませんでしたし、雑草が生えてむさ苦しくなるのが面倒だとも思っていましたから、それだけ余裕がなかったのかなと思います。 

今は梅の花が咲き終わって、桜が満開を過ぎて、今は椿の花が咲き誇っています。 

 

あまり植物のことは詳しくありませんけれど。たぶん、椿ですよね(汗) 

ピンクの八重咲き、斑入り、真っ赤な花の3種類あったことにも、今回はじめて気がつきました。

おそらく毎年見ていたはずなのですが、視線が素通りして本当には見ていなかったみたいです。 

www.ebaragioba.info

f:id:kukiha-na:20190408072057p:plain

いつも年末に植木屋さんが庭を整えてくれるのですが、みんな円筒形に丸くカットしてしまってあるのにも、今更ですが、はじめて気がつきました。

一般的にはこんな風に形を整えるものなんでしょうか、なんとなく、これ嫌だなと思ったりして。もっと自由に枝葉を伸ばさせてあげたいなと。

いつも植木屋さんにはおまかせなので、今年の年末に来た時には相談してみようかと思っています。

f:id:kukiha-na:20190408072113p:plain

フェンス脇に雪柳が咲いているのをみつけました。ヒザくらいの低い枝で、花が咲かなければ雪柳だとわからなかったのですけれど、いつのまにか咲いていました。

 

f:id:kukiha-na:20190406222057p:plain

 母が動けていた頃は、庭は母の管轄で、どんな庭木が植えられているのかまったく気にもしていませんでしたけれど、今になって庭を歩いていると、庭のすみっこに咲いている花をみつけて足を止めたり、毎回小さな発見があって面白いのです。

スポンサーリンク