くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

眼科外来は晴れて卒業できました:病気の話49

12月17日、3ヶ月ぶりに眼科外来に行って来ました。

突然、パソコンの文字が読めなくなったのが、2017年12月5日の朝のことでした。

これが私の病気の発端。色々ありましたが、おかげさまで、今ではほぼ通常生活ができるまでに回復しました。

 f:id:kukiha-na:20170322223924p:plain

目が見えなくなったのは「糖尿病性網膜症」。自覚のないままに病気が進んでいて、気がついた時にはお医者様に「深刻な状態」だと言われてしまいました。

以来、治療を続けて来ましたが、なんと、このたび、眼科外来を卒業できることになりました♪

 

目の手術をした後で、眼底のむくみ「黄斑浮腫」という状態になって、そのむくみをとるために注射をしたのですが、経過が良く、その後はむくみが出なくなりました。

www.ebaragioba.info

普通なら2~3ヶ月に1回打たなくてはならない治療だったのですが、むくみが出ないのでその後の経過を見ていました。

注射をしてから1年以上が過ぎても、再発せずに良好な状態が続いているため、とりあえず次回の予約はなしで良いということになりました。

ただし、自宅近くの眼科で定期的に検査をして、再発していないかどうか確認することと、また見えにくくなったらすぐに受診することと、かたく言われました。

ということは、私の血糖値の状況によっては再発する可能性もあるということですから、血糖コントロールには気を付けていなくてはなりません。

それでも、晴れて卒業です♪ 

www.ebaragioba.info

現在の私の視力は、右目はレンズ入りでで0.3くらい。左目は今回0.8でした。以前は右目0.2で、左目0.5くらいだったので、少しは良くなってきています。

右目の網膜が痛んでいる部分はもう回復は望めないのですけれど、左目の視力が上がって来たので、メガネをかければ、ギリギリ車の運転免許証を更新できそうな状態にまで戻ってきました。

足のしびれが残っているうちは、車の運転は無理かなとは思うのですが、このまま流してしまうと、再び乗れる状態になった時に、また教習所通いなんてことにもなりかねないので、できれば更新だけでもしておきたいのです。

メガネを作るための処方箋も書いていただいたので、近いうちにメガネ屋さんへ行って作る予定です。

これで、通院は、2ヶ月に1度の代謝内科と、3ヶ月に1度の婦人科の二つだけになりました。ようやく、ここまでたどりつけたなという気持ちで、少しだけ肩の荷が軽くなったような気がします。(→病気の話50)

スポンサーリンク