くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

ライ麦食パン・ワンローフの成形

 くるみ入りのライ麦食パンです。  

f:id:kukiha-na:20200319014553p:plain

いつも焼いている ヴァイツェンミッシュブロートの生地を、食パン型にいれました。 

 

 8月に仕込んだサワー種を、大事に種継ぎしながら使い続けています。

種が弱らないうちに、約2週間ごとに種継ぎしているので、ライ麦パンを焼く頻度も高くなります。

www.ebaragioba.info

 

f:id:kukiha-na:20200319014616p:plain

 今回は、ライ麦30%のヴァイツェンミッシュブロートの生地です。

www.ebaragioba.info

 ワンローフの成形。長方形に伸ばして、巻き込みました。

ローフは、ミートローフなどのように、ひとかたまりという意味。ですから、1

つの塊、ひと山というような意味でしょうか。

f:id:kukiha-na:20200319014637p:plain

 ライ麦入りの生地は、弾力がなくて伸びやすいのですが、生地が痛みやすく切れやすいので、めん棒をかける力加減に気をつけなくてはなりません。 

それから、乾燥しやすいので、湿度にも注意がひつようです。

 

f:id:kukiha-na:20200319014658p:plain

巻き込む時、左右の手の力が同じにならないと、両端の幅が同じにならなくて、片方が細くなってしまったり、意外に難しい成形です。 

f:id:kukiha-na:20200319014723p:plain

仕上げ発酵後、火通りをよくするため、深めにクープを入れて焼成。f:id:kukiha-na:20200319014743p:plain

同じ生地でも、シンペル型で焼いたときとは、また違った食感、やや重たく、しっとりと焼き上がります。

 スポンサーリンク