くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

こんにゃくと椎茸のステーキ・低糖質、低カロリー、食物繊維たっぷりなメニュー:糖尿病患者の食卓

 こんにゃくと椎茸のステーキです。

ステーキと言っても、こんにゃくをフライパンで焼いただけの簡単メニューです。

f:id:kukiha-na:20181106003222p:plain

 低糖質、低カロリー、食物繊維が豊富なこんにゃくですから、少しくらい食べ過ぎても安心です。 

 

 

 以前、市販品で「こんにゃくステーキ」を食べたことがあったので、それをマネして作ってみました。

基本の材料

 材料は、こんにゃく1枚と冷蔵庫にあった椎茸1パックです。

こんにゃくは、上下の面にナナメに切り込みを入れて、味が染みやすくしておきます。

縦半分に切ったもの、5mm幅にスライスします。

鍋に水とこんにゃくを入れて火にかけて茹で、ざるに上げて水を切ります。

 椎茸は石突きをキリ、表面を十字に切り込みを入れておきます。

基本のつけだれ

つけだれは、にんにく 小さじ1/ しょうゆ 大さじ1/ ラカントs(砂糖) 小さじ1 / 酒  大さじ1 / 白ごま 大さじ1 

 

合わせたつけだれに、こんにゃくと椎茸を入れて、10~20分漬けておきます。

こんにゃくは熱いうちにたれと合わせると味が染みやすいです。

 f:id:kukiha-na:20181106003244p:plain

 フライパンで焼く

フライパンにごま油を少量入れて熱し、こんにゃくと椎茸を入れて両面焼きます。

 f:id:kukiha-na:20181106003307p:plain

つけたれは、焼き肉のたれや、めんつゆ、ポン酢しようゆなど、お好みで変化がつけられます。お醤油を回しかけただけで食べてもシンプルで美味しいです。

※当記事「糖尿病患者の食卓」は、主婦としての経験から糖尿病患者である自分のために作った食事です。医学的、栄養学的な専門知識を持って作ったいわゆる「糖尿病食」ではありません

スポンサーリンク