くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

ココアマーブルパン・製パン道具を洗う時には

 ココア生地をマーブル状に入れた食パンです。

ここのところ食パンのバリエーションに凝っていて、色々と混ぜたりして楽しんでいます。 

f:id:kukiha-na:20191110215132p:plain

 スライスした時に、どんな模様が出るのか楽しみなパンです。 

 

 ココアは無糖のもの。私は機械ごねなので、こね上げ少し前に止めて、ぬるま湯で固めのペースト状に溶いたココアを、生地の一部に混ぜて、ランダムに白生地にもどしてこね上げます。 

f:id:kukiha-na:20191110215158p:plain

ココアを入れたパンの場合は、本来なら、少し甘めの生地にするべきなのかもしれませんが、私の場合、あまり砂糖を多くしたくないので、いつもの定番の食パンの配合です。  

f:id:kukiha-na:20191110215219p:plain

発酵後は、分割してペンチタイム。丸めた だけの成型で、食パン型に入れて仕上げ発酵しました。

パン生地は伸ばしたり折りたたんだり、手を掛けた方が良いのですが、頻繁に焼いているので、最近は手抜き成型が多いです。 

f:id:kukiha-na:20191110215236p:plain

 焼き上がり。見た目はいつものイギリスパンですが、スライスすると、マーブル模様が楽しめます。

f:id:kukiha-na:20191110215258p:plain

製パン道具を洗う時には

パン焼く時には、発酵の時間やベンチタイムなど、生地を休ませている時間が長いので、使い終わった道具の洗い物はその間にできます。

そのため、パンが焼き上がる頃には、シンクには洗い物がなくなって、片付けまで終わっている状態になります。

パンのお道具を洗う時に気を付けなくてはならないのが、ボールなどにくっついた、細かいパン生地です。

パン生地に含まれているグルテンは、編み目状で水に溶けません。そのため少量と言えどもそのまま流してしまい、それが重なると、パイプにこびりついて詰まりの原因になったりします。

そのため、ダスターや三角コーナーに細かめの網をかけて流すことをオススメします。

また、洗う時のスポンジも、グルテンが引っかかるとなかなか取れにくく、そのまま放置しておくと、雑菌が繁殖して臭ってきたりしますので注意が必要です。

私の場合は、食器洗いとは別の専用スポンジを使って、時々漂白剤(薄めたキッチンハイター)につけて消毒したり、頻繁に新しい物に交換したりしています。 

スポンサーリンク