くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

バターロール・エシレバターを入れて

 バターロールです。

いつもは砂糖や油脂の少ない食事用のパン(リーンなパン)を焼くことが多いのです。

f:id:kukiha-na:20191210061033p:plain

 でも、今回はフランスの発酵バターエシレバター(無塩)を手に入れたので、砂糖バター多めのパン( リッチなパン)を焼いてみました。

 

 

 エシレバターは、フランスのエシレ村で生産されるバターで、クリームを発酵させてから作る発酵バターです。 エシレバターについて詳細はこちらへ↛エシレ / ECHIRE

f:id:kukiha-na:20191210061103p:plain

 フランスから空輸で来るらしいので、当然ながらお値段も良くて、私などは滅多に使う機会はない高級品。この際堪能させていただきました。

 f:id:kukiha-na:20191210061122p:plain

バターは室温で柔らかくしてから生地に入れ込みますが、バターには水分が含まれているので、たくさん入れると生地がやわらかくなります。

リッチ系のパンは、こね上げ生地温を低めにして、低めの温度でゆっくり発酵させます。 

f:id:kukiha-na:20191210061141p:plain

成型は、生地の片方を太く、もう片方を細めに伸ばして、麺棒をかけて平らにしてから、太い方からくるくる巻いて行きます。

成型している間にも生地はどんどん発酵して行くので、全体が平均になるように工程ごとに順番に。

www.ebaragioba.info

私は不器用なのでこういう作業は苦手なのですけれど、パンの工程の中では成型が一番楽しい部分です。

 f:id:kukiha-na:20191210061205p:plain

  仕上げ発酵の環境も温度は低めでゆっくり。 

f:id:kukiha-na:20191210061220p:plain

 焼く前に、表面に卵をぬって(照卵)ツヤを出します。卵は全卵をよく溶いて、繋がりを切ってから、表面を引っ掻かないようにやわらかいハケで塗ります。

卵は焦げやすいので照卵した生地は低めの180度で焼成。 

f:id:kukiha-na:20191210061238p:plain

焼き上がり。食べてみると、いかにもバターという香りではなくて、ほんのり優しい香り、爽やかなお味でした。

いつも使っているバターは北海道産のよつばバターで、これも上質な品だと思いますが、比べてみると、使う材料の違いで、焼き上がりの風味がまったく違ってくるのが面白いと思いました。

スポンサーリンク