くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

くるみパンとグラハムブレッド

 

くるみパン(くるみ入りライ麦パン)と、グラハムブレッド(グラハム粉入り食パン)

です。 

f:id:kukiha-na:20190916213024p:plain

 特に参考書はなくて、普段良く焼いている自己流レシピです。

 

 

 グラハム粉は、製粉する時に、胚乳(真ん中の白い部分)は普通に挽き、表皮(ふすま)や杯芽の婦分は粗挽きにした小麦粉です。今回は10%入れています。 

f:id:kukiha-na:20190916213048p:plain

 

www.ebaragioba.info

食パンの形も色々ありますけれど、分割しないで全部の生地を伸ばして巻き込んだ成型を「ワンローフ」と言います。

ミートローフという料理もありますけれど、1つのかたまりといううような意味です。

ちなみに、2分割してそれぞれ巻き込んでタテに2本並べて焼いた食パンは、「ツーローフ」。

ヤマザキ・ダブルソフトのような形と言えばわかりやすいでしょうか。そう言えば私は、ツーローフの食パンは焼いていなかったかもしれません。あまり得意な成型ではないので。 

f:id:kukiha-na:20190916213108p:plain

 くるみパンは、生地としては、ライ麦20%のバイェンミッシュブロートで、今回はくるみを入れて小型のパンに焼いてみました。

朝食用としていつも焼いているパンなので、成型もまるめただけでシンプルに。

www.ebaragioba.info

 

f:id:kukiha-na:20190916213131p:plain

 同じ生地を使っても成型を変えると食感が違って、別のパンになります。焼く前にハサミで切り込みを入れて、中心にくるみを飾ってみました。

また、この成型も色々バリエーションがあって、ハサミの入れ方、切り込みの数によって、ちがった感じに焼き上がるので面白いです。

スポンサーリンク