くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

今年もまた、2018年来年の手帳を買いました

今年もまた、来年の手帳を買う季節になってしまったのですね。

昨年末に病気が発覚してから、今年は1年ほとんどを病気の治療に費やしてしまいました。入退院を繰り返していましたし、目がよく見えない時期もあったため、今年はほとたいんど手帳を使いませんでした。

現在もまだ、細かい字を読んだり書いたりできないので、新しい手帳を買おうか、止めようか迷っていました。 

f:id:kukiha-na:20171015230341p:plain

 でも結局、昨年と同じ学研のステイフル月間スケジュール。9月始まりB6版タイプを買いました。 

 これで3年連続して、「しろまカフェ」です。お花や猫のデザイン、もムーミンのも心引かれたのですけれど、ゆるーい感じのしろくまカフェが気に入っているのです。 

oba.hatenablog.com

 私の場合、メインで使うの1ヶ月見開きのカレンダータイプだけなので、あえて、月間スケジュールだけの手帳を選んでいます。

 というのは、以前30代の頃ですが、仕事をしていた頃は、月単位で予定を組んでいて、日によって仕事場や仕事内容が変わったりもしたので、カレンダーに書いておくのが都合が良かったのです。

f:id:kukiha-na:20171015230422p:plain

現在はもう、以前のようにびっちり予定が詰まっていることなんてありませんけれど、それでも、つい使い馴れたタイプの手帳を選んでしまうのですね。

近年では、予定を書いておくというよりは、その日にあったことを簡単にメモしておいたり、何か新しい知識や言葉を知った時に忘れないように書いておいたりする覚え書きノートとして使っています。

新しい手帳は、今年のように書けなくならないように、毎日をしっかり記録出来るように元気で過ごしたいと思っています。

スポンサーリンク