くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

久しぶりの外食。ファミレスでロカボパスタを食べました

先週、6日のことになりますが、久しぶりに妹とランチに行ってきました。

以前は月に1回、気晴らしに行っていたのですが、私が病気をしてから中断していました。2016年10月以来のことになります。

まずは母が入所している老健施設に面会に行って、その後、近くのファミレス「ココス」へ。

f:id:kukiha-na:20180606223638p:plain

最近のファミレスには、ローカーボ(低糖質)のメニューがあるのですね。ダイエッターだけでなく、糖尿病患者にとっても助かります。

私は低糖質パスタを使った「茄子ときのこのボロネーゼ」をサラダとドリンクバーセットで、プラス、ロカボのデザートも注文しました。

 

なんと言っても、まっ先に食べるのは野菜です。ドリンクバーのコーヒー ( 砂糖なし)を飲みながらゆっくりシーザーサラダを楽しみました。

低糖質パスタは、最近CMで見かけるようになったあのスパゲティかしら? はじめて食べますが、やわらかい食感でうどんに近い感じでした。

アルデンテではないので、スパゲティと思って食べると違和感があるかもしれませんが、別物と思って食べれば美味しいです。

ソースは薄味でサッパリ。普通のボロネーズよりはボリューム感はありませんけれど、今の私にはこの方が良かったです。

oba.hatenablog.com

最初はデザートは止めておこうかと思っていたのですが、デザートも低糖質メニューがあるとのことなので、つい食べてしまいました。「柚子香る抹茶のグラスデザート」。

柚子の香りはほとんど気づかなかったのですが、抹茶味の豆乳と抹茶のゼリーでした。とろんと口触りの良い甘味控えめの美味しいデザートでした。

f:id:kukiha-na:20180606223703p:plain

パスタは3口くらい残しましたが、ロカボを言いわけに、しっかりデザートまで食べて幸せな気分。

いつもファミレスでしっかり食べてしまうと、その後しばらくはお腹が重くて苦しいことが多いのですけれど、今回はスッキリしていたので、食べ過ぎは防げたのではないかと思います。

食べるメニューさえ選べば、なんとか外食もうまく行きそうですね。途中で少し貧血気味になってしまった場面があって、妹を心配させてしまったのですが、徐々に外出にも馴れていかなくてはならないので、また時々は出かけようと思っています。

スポンサーリンク