くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

大森屋の味付け海苔ふりかけとゆでキャベツ:糖尿病患者の食卓

最近お気に入りの振りかけです。大森屋の「味付けのりふりかけ」。

我が家は昔から定番ふりかけとして丸味屋さんの「のりたま」を買い置きしていたのですが、いつも、もうちょっと海苔が多いといいなぁという願いがあったんですね。

f:id:kukiha-na:20180616223236p:plain

先日、 たまたま夫が買ってきてくれたこの大森屋さんのを食べてみて、これだ!! と響いたわけです。何しろ、海苔屋さんが作っているので海苔がメインですから♪ 

 

作ってる海苔の端切れを使って作ればいいのですから、メーカーとしてもなかなか経済的なのでは無いかと予想したりします。

他に「あおさふりかけ」もあって、こちらも美味しかったです。

私の場合、ご飯にもかけて食べますが、茹でキャベツに振りかけて食べることが多いのです。  

f:id:kukiha-na:20180616223311p:plain

 血糖値の上昇を緩やかにするために、食事の時はまず野菜から食べるようにしています。

そのためキャベツは多めに茹でて、常時冷蔵庫に入れてあります。

f:id:kukiha-na:20180725061040p:plain

私は糖質の他にカリウムも減らさなければならないので、キャベツ半分を芯をはずしてザク切りにして水さらししてから、塩適量を入れたたっぷりのお湯で歯ごたえが残る程度に茹でます。(時には、彩りに薄切りした人参を入れることも)

そのままザルにあげて冷まし、軽く絞ってビニール袋にいれ冷蔵庫保存で3~4日。

食べる分だけお皿に移し、そのまま食べたり、振りかけ、酢じょうゆ、酢みそ。ドレッシングなどその日の気分で味付けを変えて食べています。

夫は毎回食卓に出る茹でただけのキャベツには飽きて手を出さなくなりましたが(笑) 

 事前にキャベツ食べてある程度お腹を満たしておくことで炭水化物(ご飯)の量を減らすこともできますから、ダイエットにもかなり貢献してくれているのではないかと思います。 

スポンサーリンク