くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

ぼろぼろな駝鳥・高村光太郎:どうにもできない怒りと悲しみ

 高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」を読みました。青空文庫で読めます →図書カード:ぼろぼろな駝鳥 底本は『近代詩の鑑賞』 さえら書房(1958年)です。

 f:id:kukiha-na:20180223233113p:plain

 高村光太郎は日本の詩人、歌人であり、彫刻家、画家でもあります。1883年(明治16年)、彫刻家高村光雲の長男として東京に生まれました。

東京美術学校(現・東京芸大)彫刻科に学び、在学中に与謝野鉄幹主宰の新詩社に参加して詩を発表。詩集『道程』『智恵子抄』などがあります。

1956年(昭和31年)肺結核のため73歳で亡くなっています。 

 

ぼろぼろな駝鳥

        高村 光太郎

 

何が面白くて駝鳥を飼うのだ。

動物園の四坪半のぬかるみのなかでは、

脚が大股すぎるぢゃないか。

頚(くび)があんまり長すぎるぢゃないか。

雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。

腹がへるから堅パンも喰らふだらうが、

駝鳥の眼は遠くばかりみてゐるぢゃないか。

身も世もない様に燃えてゐるぢゃないか。

瑠璃色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへてゐるぢゃないか。

あの小さな素朴な頭が無辺大の夢で逆まいてゐるじゃないか。

これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。

人間よ、

もう止せ、こんな事は。

 

駝鳥(ダチョウ)はダチョウ目ダチョウ科ダチョウ属。高さ2m以上、体重130kg以上にもなる最大の鳥です。飛べない代わりに頑強な脚で速く走ることができます。

アフリカのサバンナに生息していて、古くはいくつかの種類がいたようですが、昔、ヨーロッパ貴族などがその羽根を珍重したため絶滅して、現在は一種類だけになったとか。

私はダチョウと言うとオーストラリアのイメージが強かったのですが、オーストラリアにいるのはダチョウの仲間ではあるのですが、ヒクイドリ目ヒクイドリ科エミュー属の鳥だそうです。

それはともあれ、この詩の駝鳥は四坪半のぬかるみの中で飼われています。4.5坪は約15平米、およそ畳9枚の広さしかありません。(参考はこちら→4.5坪は何平米?何畳?

サバンナの乾いた大地を伸び伸びと駆けていた大きな鳥が、狭い、それもジメジメしたぬかるみの中に置かれている違和感。アフリカの熱い気候に生きていた鳥なのに、今は寒い雪国にぼろぼろの羽根をまとって立っている姿が描き出されています。

最近の動物園は生育環境に配慮して動物を管理していると思いますが、かつては人間のエゴで行き届かない場所で生かされていた動物も少なくなかったのかもしれません。

「・・・ぢゃないか」「・・・ぢゃないか」と何度もたたみかけるような表現は、詩人の心が感じ取ったダチョウ心、反発や怒りや、自分ではどうにもできない悲しみが、むくむく膨らんで行くように感じられました。

www.ebaragioba.info

最後には「人間よ、もう止せ、こんな事は。」と、頭を抱えたくなるような感情が吹き出してくるのです。

 ここに表現されているのは、目の前にいる哀れなダチョウの姿であると同時に、詩人がおかれている環境、さらには詩人が生きている人間社会という環境への思いでもあるのかもしれません。 

スポンサーリンク