くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

問題児シルル・ワクチン注射を受ける

即日、11月9日に、年に一度のイベントシルルのワクチン注射に行って来ました。

ほんの1時間ほどなのですが、神経質なシルルにとってはストレス満載です。

f:id:kukiha-na:20201109112852p:plain

キャリーには自由に出入りしていて、馴れているのですが、持ち上げられて運ばれるのは異常事態。

いつもとは違う鳴き方でずっと鳴いていまいた。

 www.ebaragioba.info

病院で測ってもらった今の体重は、8.08kg。昨年のワクチン時点では、7.18kgだったので、0.9kg増えていたことになります。

生後6ヶ月 4.94kg → 生後1年半5.98kg → 生後2年半6.82kg → 生後3年半7.18kg → 生後(約)4年半8.08kg 

f:id:kukiha-na:20201109112915p:plain

これ以上「増えると、尿道結石のリスクが増えるので、太らせないようにとアドバイスをいただきました。

メインクーンの男の子の場合は太っているわけではありませんけれど、治療するときに麻酔をかける時など、麻酔量が増えて死亡リスクも増えるそうなので、気を付けなくてはなりません。

シルルは完全室内飼いなので、3種ワクチンを打ってもらっています。

3種混合ワクチンは、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球。

猫の環境によっては、猫白血病ウイルス感染症を加えた4種混合、猫白血病ウイルス感染症と猫クラミジア感染症を加えた5種混合もあります。

猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)のワクチンは単独で打つようになります。

f:id:kukiha-na:20201109112933p:plain

 お部屋にもどったシルルは、キャリーから出ると、残っていたエサにまっしぐら。

ガツガツとエサを食べていました。いつもはこんなにがっつくことはないので、ストレス解消のためなのかなと想像しました。 

f:id:kukiha-na:20201109112948p:plain

 ひとそきり食べて落ち着いたあとは、寝床にもぐって寝てしまいました。

シルルにとっは受難の日。来年の注射まで、また一年健康ですごせますように。

 スポンサーリンク