くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

薄力粉の三角パン・失敗をリカバリした苦肉の策

今回は薄力粉で白ゴマ入りのパンを焼くはずだったのですが、仕込み水の量をまちがえて、ドロドロの生地になってしまいました(汗) 

f:id:kukiha-na:20180505215911p:plain

たまにやるんですよね……私。仕込み水を計ろうとして、ボールに入れた水をテーブルに置いたまま他のことをして、計量するのを忘れ、そのまま仕込み水として入れてしまったのでした。 

 

途中で、水分が多いことに気がついたのですが、その時には、ボールの水をおおかた入れてしまっていました。

生地を捨ててやりなおそうかとも思ったのですが、パンによってはドロドロの生地もあるので、ショートニングも、白ゴマも入れて生地作りを終えました。

手にとって丸めたりはできないので、そのままボールに流し入れて発酵。イーストも砂糖も塩も、パンに必要な材料はちゃんと入っているので問題なく発酵できました。

その後は、ゴムベラでかきまぜてガス抜きしてから、天板に全部を流し入れ、 生地の上にも白ゴマをトッピングして、2回目の発酵(仕上げ発酵)。

f:id:kukiha-na:20180505215932p:plain

200度で20分。焦げそうだったので180度に落として10分焼きました。

一応、パンらしく焼き上がったので良かった、良かった(笑) 

f:id:kukiha-na:20180505215950p:plain

 三角形に切り分けたら、意外にカワイイ感じになりました。

ガス抜きが不十分なので内相が粗くて大きな穴がボコボコしてましたが、表面の皮はパリッと香ばしくて、失敗作にしては結構おいしく食べられました。 

oba.hatenablog.com

 f:id:kukiha-na:20180505220007p:plain

薄力粉のパンを作ったり、妹に天ぷら粉として使ってもらったりして、間違って発注してしまった薄力粉もあと残り2kgになりました。 今度は間違いなく確認しながら強力粉を注文したので、来週あたりからは、また強力粉のパンが焼けるのではないかと思っています。

スポンサーリンク