くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

2021年の抱負は「終活断捨離」:新年のごあいさつ

 明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

今年の私の目標は「終活断捨離」です。f:id:kukiha-na:20201230155425p:plain

 これまでも老いに向けて、物を減らすように心がけてはいたのですが、まだまだ足りません。

 

60年以上も生きていると、少しずつ少しずつ溜まり続けてきた物が、減らしても減らしても無くなることがありません。

今年は、終活の一つとして、余計なものは「後に残さない」をモットーに、身の回りを整理して、より身軽な生活を心がけようと思います。

www.ebaragioba.info

実は昨年、身近な二人が突然この世を去って衝撃を受けました。

1週間前に我が家を訪ねてくれて、お話したばかりの叔母のひとりが、交通事故で突然亡くなってしまったこと。

いつも通りに床に入って寝たという高校時代の友人が、朝になっても眠ったまま、永遠に起きてこなくなったという話を聞いたこと。

今日元気でいても、明日も同じように生きて過ごせるとは限らないのだと、なんともやりきれない気持ちになりました。

 もちろん、長生きして人生を楽しむことは当然の願いですが、いつどうなるかわからない。

そのため、少しずつ余計な物を処分して、後に残る人が戸惑わないようにしておきたいと考えます。

正月早々ご不幸の話で恐縮ですが、この年になると、とても他人事とは思えないもので。

今年もまた、長く人生を楽しめるように健康であるようにこころがけながらも、いつかくるXデーに備えたいと思います。 

 スポンサーリンク