くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

バイツェン・ミッシュ・ブロート:サワー種を使って

 ライ麦粉を手に入れたので、ライ麦入りのパンを焼きました。

バイツェンはドイツ語で小麦。ミッシュは混合、ブロートはパンの意味です。「小麦に混ぜたパン」とでも言うのかな。小麦粉とライ麦粉の混合率によって名前が違ってきます。

f:id:kukiha-na:20180521000046p:plain

ライ麦に比べて小麦の混合率が多いパンは、バイツェン・ミッシュ、ライ麦の方が多いパンはロッゲン・ミッシュ、そして半々のものはミッシュ・ブロートです。

今回焼いたパンは、ライ麦30%をサワー種にして加えています。 

 

いつも小麦粉をお取り寄せしているところには、国産ライ麦粉が売っているのですが、いつも売り切れで手に入りません。国産のライ麦は生産量が少ないので、おそらくいつも売り切れ状態なのでしょうね。

そこで、amazonさんで、オーガニックライ麦粉というのをお取り寄せしてみました。できればもっと粗くひいたものが欲しかったのですが、良く確認しなかったため、届いたのは割と細かめの粉でした。  

f:id:kukiha-na:20180521000117p:plain

 前日に、ライ麦粉、イースト、水をこねてサワー種を作っておきます。

本来のサワー種はもっと時間をかけて酸味を出すのですが、私の作っているのは簡略化したものです。酸味もほのかに感じる程度で、食べやすくアレンジされています。  

f:id:kukiha-na:20180521000143p:plain

 翌日、このサワー種を生地に入れてこね、発酵させます。ライ麦パンには定番のキャラウェイシードも入れました。

ライ麦入りの生地は小麦粉の生地よりも弾力がなくて、切れやすいので注意が必要です。  

f:id:kukiha-na:20180521000209p:plain

 成形は発酵かごのシンペル型で。妹の家の分も作ったので、丸形と長方形の2つ作りました。

2回目の発酵(仕上げ発酵)で生地が型いっぱいまで膨らんだら、クープ(切れ目)を入れて焼成。200度のオーブンで30分くらい焼きました。  

f:id:kukiha-na:20180521000226p:plain

焼きたては皮がパリパリ。ほんのり酸味とキャラウェイシードの独特の香りがします。内相のスダチが粗い(大きめの穴が空いている)のは、成形時にガス抜きが平均にいかなかったからかもしれません。

oba.hatenablog.com

長方形の方は妹にあげたので、妹の夫が気に入ってくれたみたいで、ワインのツマミとして楽しんでくれたそうです。

やはり、おいしいと言ってもらえると嬉しいので、また焼こうという気になるものですね。

スポンサーリンク