くきはの余生

60歳目前に患った卵巣がんと糖尿病についての覚え書き。これからの人生を心豊かに暮らすための活動記録

参考リンク:

お風呂脱衣所の断捨離・床置きのモノ溜まり

いつの間にか床に溜まっていたモノ達を断捨離しました。

もともとは、収納バスケットの中にくず籠が1つ入っていただけなのですが、気がつけば、色々ガラクタが入り込んでいました。 

f:id:kukiha-na:20190203224105p:plain

しばらく前から気になってはいたのですけれど、寒い日が続いていたので、やる気にならなかったのです。

この日は比較的寒さが緩んで、暖かくなったので、動く気力がわいてきました。

 

「 床置きはモノ溜まりのもと」の実例となってしまいました。ここに入れてくれとばかりに、床に空の収納バスケットなんて置いたらダメですよね。www.ebaragioba.info

 バスケットの中に入っていたのは、ずいぶん昔に買っても使わなかった洗剤などです。おそらく、捨てようと思って出してきてそのままになっていたのだと思います。

ギフト用の壊れた箱も一緒にあったので、いただきものだったかもしれません。記憶にないほど昔のものです。

捨てたのはこちら↓

f:id:kukiha-na:20190203224140p:plain

 まったく使っていない洗剤をどう捨てるか、ですが。下水に流してしまうのは環境汚染につながるので良くありません。

そこで、可燃ゴミの袋に新聞紙をクシャクシャに丸めて入れて、吸わせることにしました。 

f:id:kukiha-na:20190203224203p:plain

 今回は洗剤だけで「混ぜるな危険」の表示のものはなかったので、全部一緒に捨てましたが、塩素系の洗剤が含まれる時には注意が必要です。

可燃ゴミ袋は二重にした方が良かったです。最初ゴミ袋に直接流したら、しばらくて新聞紙に吸い込み切れなかった液体が外に流れ出してしまいました。

はじめに大きめのビニール袋に入れてから、可燃ゴミの袋に入れた方が良かったように思います。

 

www.ebaragioba.info

f:id:kukiha-na:20190203224248p:plain

 青いブラスティックのバケツは、カラーボックスの一番下の段へ収納。空になった収納バスケットは別の場所に移動して、使わなければ捨てるることにします。

20分ほどで断捨離完了。床にあるのは、くず籠だけになりました。

はじめれば少しの時間でできるのに、寒くてなかなか動けない昨今ですが、すこしずつ気になった場所を攻略して行こうと思います。

スポンサーリンク

 

 

◆日本フログ村・参加テーマ◆